BracketHandlers

This class was added by a mod with mod-id crafttweaker. So you need to have this mod installed if you want to use this feature.

Importing the class

It might be required for you to import the package if you encounter any issues (like casting an Array), so better be safe than sorry and add the import.

crafttweaker.api.BracketHandlers

Methods

getBlockMaterial

指定された crafttweaker.api.block.material.MCMaterial を取得します。 例外が見つからない場合はスローします。

戻り値: [crafttweaker.api.block.material.MCMaterial](/vanilla/api/block/material/MCMaterial)

戻り値の型: crafttweaker.api.block.material.MCMaterial

<blockmaterial:earth>

crafttweaker.api.BracketHandlers.getBlockMaterial(tokens as String);
crafttweaker.api.BracketHandlers.getBlockMaterial("earth");
ParameterTypeDescription
tokensStringBEP呼び出しで何を書くか。

getBlockState

指定された入力に基づいてブロック状態を作成します。 戻り値 null ブロックが見つからない場合は、無効なバリエーションは無視されました

戻り値: 見つかったBlockState

戻り値の型: crafttweaker.api.block.MCBlockState

<blockstate:minecraft:acacia_planks>
<blockstate:minecraft:furnace:facing=north,lit=false>

crafttweaker.api.BracketHandlers.getBlockState(tokens as String);
crafttweaker.api.BracketHandlers.getBlockState("minecraft:acia_planks");
ParameterTypeDescription
tokensStringブロックのリソースの場所とバリエーション

getDirectionAxis

名前に基づいて方向軸を取得します。 軸方向が見つからない場合はエラーをスローします。

戻り値: 見つかった方向軸

戻り値の型: crafttweaker.api.util.DirectionAxis

<directionaxis:x>

crafttweaker.api.BracketHandlers.getDirectionAxis(tokens as String);
crafttweaker.api.BracketHandlers.getDirectionAxis("x");
ParameterTypeDescription
tokensString軸のリソースの場所

getEffect

レジストリ名に基づいて効果を取得します。 効果が見つからない場合はエラーをスローします。

戻り値: 発見された効果

戻り値の型: crafttweaker.api.potion.MCPotionEffect

<effect:minecraft:haste>

crafttweaker.api.BracketHandlers.getEffect(tokens as String);
crafttweaker.api.BracketHandlers.getEffect("minecraft:haste");
ParameterTypeDescription
tokensString効果のリソースの場所

getEntityClassification

レジストリ名に基づいてエンティティ分類を取得します。 エラーをログに記録し、entityClassificationが見つからない場合は null を返します。

戻り値: 見つかったentityClassification

戻り値の型: crafttweaker.api.entity.MCEntityClassification

<entityclassification:monster>

crafttweaker.api.BracketHandlers.getEntityClassification(tokens as String);
crafttweaker.api.BracketHandlers.getEntityClassification("monster');
ParameterTypeDescription
tokensStringentityClassificationのリソースの場所

getEntityType

レジストリ名に基づいて entityType を取得します。 エラーをログに記録し、entityType が見つからない場合は null を返します。

戻り値: 見つかったエンティティタイプ

戻り値の型: crafttweaker.api.entity.MCEntityType

<entitytype:minecraft:pig>

crafttweaker.api.BracketHandlers.getEntityType(tokens as String);
crafttweaker.api.BracketHandlers.getEntityType("minecraft:pig');
ParameterTypeDescription
tokensStringエンティティタイプのリソースの場所

getFluidStack

レジストリ名に基づいて流体スタックを取得します。 流体が見つからない場合はエラーをスローします。

戻り値: a stack of the liquid with amount == 1mb

戻り値の型: crafttweaker.api.fluid.IFluidStack

<fluid:minecraft:water>

crafttweaker.api.BracketHandlers.getFluidStack(tokens as String);
crafttweaker.api.BracketHandlers.getFluidStack("minecraft:water");
ParameterTypeDescription
tokensStringFluidのリソースの場所

getItem

レジストリ名に基づいてアイテムを取得します。 アイテムが見つからない場合はエラーをスローします。

戻り値: 見つかった項目

Return type: crafttweaker.api.item.IItemStack

<item:minecraft:dirt>

crafttweaker.api.BracketHandlers.getItem(token as String);
crafttweaker.api.BracketHandlers.getItem("minecraft:dirt");
ParameterTypeDescription
tokensStringアイテムのリソース位置

getPotion

戻り値の型: crafttweaker.api.potion.MCPotion

<potion:tokens>
crafttweaker.api.BracketHandlers.getPotion(tokens as String);
ParameterTypeDescription
tokensStringNo description provided

getRecipeManager

レジストリ名に基づいてrecipeManagerを取得します。 レシピマネージャが見つからない場合はエラーをスローします。 指定されたレシピタイプが見つからない場合は、促進をスローします。

これは常にIRecipeManagerを返します。
BEPもありますが、動作が異なるため、ここでは自動的にドキュメントに追加することはできません。 しかし、BEPは他のBEPと同じに見えます: <recipetype:minecraft:crafting>

戻り値: 見つかったrecipeManager

戻り値の型: crafttweaker.api.registrries.IRecipeManager

crafttweaker.api.BracketHandlers.getRecipeManager(tokens as String);
crafttweaker.api.BracketHandlers.getRecipeManager("minecraft:craft");
ParameterTypeDescription
tokensStringレシピ管理者のリソースの場所

getResourceLocation

トークンに基づいてリソースの場所を作成します。 トークンが有効な場所でない場合はエラーをスローします。

戻り値: 場所

戻り値の型: crafttweaker.api.util.MCResourceLocation

<resource:minecraft:dirt>

crafttweaker.api.BracketHandlers.getResourceLocation(token as String);
crafttweaker.api.BracketHandlers.getResourceLocation("minecraft:dirt");
ParameterTypeDescription
tokensStringリソースの場所

getTag

レジストリ名に基づいてタグを取得します。 何も見つからない場合、空のタグが作成されます。
ただし、そのような場合は、そのタグを適切なタイプとして登録する必要があります。

戻り値: 見つかったタグ、または新しく作成されたタグ

戻り値の型: crafttweaker.api.tag.MCTag

<tag:tag:minecraft:wool>

crafttweaker.api.BracketHandlers.getTag(tokens as String);
craftweaker.api.BracketHandlers.getTag("tag:minecraft:wool");
ParameterTypeDescription
tokensStringタグのリソースの場所

getTextFormatting

Return type: crafttweaker.api.text.TextFormatting

<formatting:tokens>
crafttweaker.api.BracketHandlers.getTextFormating(tokens as String);
ParameterTypeDescription
tokensStringNo description provided